2017.09.03

酒造跡にできたアニメスタジオを見てきた。

先日、アニメスタジオマップを見ていたら埼玉県の北部に見慣れないスタジオが増えてることに気がつきました。熊谷と高崎の間にある深谷に、どうもライデンフィルムがアニメスタジオを作ったらしい。その名もライデンフィルム深谷スタジオ。

さらに調べると住所に「母屋二階」と書いてあるじゃないですか。深谷シネマという酒造跡にある映画館と同じ敷地にあるらしく、どうもそこの母屋の二階にアニメスタジオを作ったようです。

これは見に行くしかないということで、ちょうど18きっぷが一回分余ってたので、さっそく行ってきました。上野から高崎線で北上すること1時間半、やってきたのは深谷駅。東京駅のレンガは深谷産ってことで、深谷駅はリトル版の東京駅なんですよね。これもB級スポットとしては抑えておきたかったので見られて満足。

そして駅から500mほどのところに見えてきました酒造跡。

母屋は↑の画像の左の建物。ここの二階にアニメスタジオがあるなんて!

裏に回ると入り口があり、ライデンフィルムのロゴがありました。

やはり、ここでアニメを作ってるようです。本当にすごい良い雰囲気の場所にあるアニメスタジオです。

敷地内はこんな感じ。映画館だけでなく喫茶店、古本屋さん、ギャラリーとかも入ってます。こういう雰囲気の中でアニメを作ってるって所は他になさそう。






ちょっとしたホールもありますし、映画館もあるので、アニメスタッフさんのイベントとかをここでやってほしいなぁと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | 制作会社探訪 | トラックバック(-) | コメント(-) |

2017.08.28

ジブリの動画家 近藤勝也展へ行ってきた

前回の記事で紹介した「ジブリの動画家 近藤勝也展」へ行ってきました。

近藤さんの展示は5年前にも新居浜で行われたのですが、今回もその時と同じく「18切符+ムーンライトながら」を使用する17時間かけて新居浜までいくプランです。
36636672356_9cecff202f_z.jpg

新居浜に到着して驚いたのは展示会場です。5年前は駅から2kmほど離れた場所で開催されていたのですが、なんと今回は駅前に立派な施設ができてるではありませんか!




新しい会場は展示スペースも広くなってて、前回よりも展示が増えてました。











と、こんな感じでとても良い展示だったので、新居浜まで行ける人は見に行くのが吉。
パンフもなかなか良いです。ただし、近藤さんの子供の頃の作品やテレコム試験関連のものは掲載されてませんので、現地で目に焼き付けましょう。


おまけ











このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2017.07.26

この夏はジブリの東西ダブル近藤展を制覇しろ

アー今年も夏が来たー
来たね来たよ来たゼ来たわ来たの

夏といえば毎年、アニメの展示が目白押し。そんな中で気になっているのが、東西で元ジブリのアニメーターさんの展示が開かれていること。しかも、両方とも近藤さんの展示なんですよ。


西で開かれているのは、愛媛県新居浜市の「ジブリの動画家 近藤勝也展



「魔女の宅急便」や「コクリコ坂から」のキャラクターデザインでお馴染みの近藤勝也さんの出身地で開かれている展示。2012年にも同様の展示が開かれたのですが、今回はさらにパワーアップして500点を超える展示になってるとか。

2012年の展示を見に行った時には近藤勝也さんが参加した作品の展示だけでなく中学生の頃に描いた落書き帳まで展示されてて、非常に楽しめました。また、この展示は全国巡回がないので、行ける時に行くのが吉!


西が近藤勝也さんなら、東は近藤喜文さんです。
福島ガイナックスに併設された福島さくら遊学舎で「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」が開催されてます。


この展示は2014年に開催された新潟展を皮切りに各地に巡回しており、今は福島で行われてます。「耳をすませば」だけでなく「赤毛のアン」の原画などが見られるのはもちろん、「リトルニモ」のパイロット版も見られるなど、かなり貴重な展示です。

また今回、行われてる福島さくら遊学舎は、ガイナックスがアニメができるまでの工程を展示してる常設展があったりと色々楽しいので2度美味しい。近藤喜文展へ行ったことがある人ももう一度、訪れてみてほしいです。


というわけで、東西でジブリの近藤さんの展示が行われてるので、ちょっと足を伸ばして見に行くのはいかがでしょうか。私は、できれば両方とも訪れたいと計画を練ってますよ。



このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2017.07.09

展示が入れ替わった春ちゃん原画展を見に行った

NHKスタジオパークで5月27日から「春ちゃん原画展」が開催されてます。
これは、白身魚さんが連載していた春ちゃんの漫画の原画が見られるというもの。
規模は小さいのですが、白身魚さんの原画みられ、さらに撮影OKという
なかなかレアな展示なのです。

その原画展、すでに初日に見に行ったのですが、7月から夏ちゃんが登場した回の漫画を
メインに展示したものに入れ会えられたと聞いて、再び、見に行ってきました。


やってきたのは、小田急の代々木八幡駅。
34967452674_bc93d0bdab_z.jpg
ちょうど代々木公園の裏にある駅なので、人混みを通らずにNHKへ行けるというナイスな駅です。
渋谷から行くと人が多くて嫌という人はこちらがお勧め。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2017.07.05

イベント仕様になった新しい京都アニメの駅看板

京都アニメが京阪木幡駅と六地蔵駅に出している
駅看板が、新しくなったという情報を
キャッチしてたので、見てきましたよ。

■京阪木幡駅



■六地蔵駅(京阪電車)



今回の新しい看板は秋に行われるイベント告知と
新ショップオープンのお知らせです。

京都アニメの駅看板は、それぞれの駅に2つずつ、
合計4つの看板がありますが、今回は
全てが同じバージョンの看板になってます。

これまでは4つの看板がそれぞれ別のイラストに
なっていた為、今回のように1バージョンしか
無いと少し物足りなく感じるかもしれません。

しかし私としてはイベント用に看板を新しくしたことが驚きでした。イベントが終わったら看板を
変える必要が出てくるので、いつもより短期間の
掲出になってしまいます。
そうなると大きな出費ですからね。
つまりイベントに力を入れてることが伺えます。

今回は、期間限定の看板なので、見たい人は
イベントまでに足を運ぶことをお勧めしますよ。


(関連)
響け!ユーフォニアム」仕様になった京アニショップの新しい駅看板を見に行った

京アニ四姉妹の新しい駅看板を見てきた

『日常』の放送開始頃に流れていたローカル臭あふれる京アニの自社CMを考える

「東映アニメ」「京アニ」などの自社広告の駅看板なんかを見てみようじゃないか


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2017.07.03

新装開店した京アニショップ、旧ショップの場所はどうなった

昨日の記事で京アニショップが新社屋の1階で新装開店した話を書きました。
それならば、今までのショップはどうなったのか、見に行ってきましたよ。

向かったのは、京アニショップへ行ったことのある方ならお馴染みの京阪木幡駅のすぐ側にあるハイショップビル。ここの2階に京アニショップが入ってました。因みに3階の京都アニメ第2スタジオは今も稼働中みたいです。



「らき☆すた」21話で、こなた達が記念撮影をしたのもここでしたね。当時は、まだ京アニショップの実地店舗がなかった時代です。ちなみに、私が初めて京都アニメを訪れたのは、この話が放送される2週間前でした。時が経つのも早いもので、もう10年も前の話です...。


そんなことを思いながら、早速、2階へ上がると入り口が見えました。


切ない事に真ん中に「CLOSED」の看板が立てられてます。しかし横には、新装開店にあたってのメッセージが!!これが見られるのもいつまでか分からないので、見たい方は急げ。



中にはお花が飾られており、真ん中にはなぞの器具が置かれたテーブルが置かれてました。奥には作画机がありますが、あの机は、京アニショップの初期にあったセル画工房でセル塗りの実演をやってた机ですねぇ。開店当初からずっと置いてありましたが、未だ健在です。

風の噂では、以前、旧京アニショップの場所はセル画工房のような場に使えないか模索中らしいですね。なにか交流の場になると嬉しいです。
ありがとう旧京アニショップ。


(関連)
新装開店した京アニショップと謎の京都アニメ新スタジオ



このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | 制作会社探訪 | トラックバック(-) | コメント(-) |

前ページ | ホーム | 次ページ