2005.12.23

マリみては『未来の白地図』から注意書きをつけるようにしたようです

※ここには『マリア様がみてる 未来の白地図』の本編に関するネタバレは一切書かれていません。


さて、ついにマリみての新刊が発売になったわけなのですが、この巻からあとがきの一番最後に、注意書きが付け足されました。それが以下のもの。
20051222181737.jpg
「この作品はフィクションです」というドラマなどでおなじみのこの注意書き。今回からこの注意書きが載り始めたのは、おそらく『薔薇のミルフィーユ』のあとがきに書かれていたことが理由なのでしょう。

ところでこの「この作品はフィクションです」という注意書きなんですが、どの本にも書かれていることなのかなぁとちょっと目の前の本棚の本を数冊みたところ、西尾維新、佐藤友哉、舞城王太郎、乙一といったあたりの作家は、「この作品はフィクションです」という注意書きを載せてませんでした。ライトノベルでも、秋山瑞人、川上稔、上遠野浩平などの本を見てみましたが、どれも載ってません。コバルトの雑誌も見たけどどれも載ってない。そう考えると、マリみてに「この作品はフィクションです」という注意書きが載るということは、かなり珍しいケースなんじゃないかと思ってみたり。(なんか確認した本にかなり偏りがあるような気もするが…)

ちなみにこれと関連したこととして「教えて!goo」にこんな質問

「ジャンプ」などの雑誌の中には、なぜかたいてい「この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などにはいっさい関係ありません」と書かれています。けれども「りぼん」や「なかよし」などの少女向けの雑誌には「この作品はフィクションです」という注意書きは書いてありません。

なぜ少年誌には「この作品はフィクションです」と書いてあって少女誌には書いてないのでしょうか。

たしかに少年漫画雑誌ではほとんどの場合この「この作品はフィクションです」という注意書きが載ってるんですが、少女漫画ではあんまり見かけないんですよねぇ。なぜだろうか。

先週のマガジンで確認したところ、「少年無宿シンクロウ」「090~エコといっしょ」「もう、しませんから」以外すべての漫画に注意書きがついてた。「もう、しませんから」はレポート漫画だからいいとして、逆に他の2つだけなぜ注意書きがないのかも謎だ。


(週間少年マガジン2006・2,3合併号 スクールランブル#158)


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | マリみて | トラックバック(1) | コメント(5) |

<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

ジャンプの場合は宮下あきらの「私立極道高校」事件が発端です。
ちょっとググればたくさんヒットするので詳細はあえて書きません。

けっこうマンガ読みの間じゃ有名な事件なんですけど…
教えてgooも使えねぇな(失礼)。

【2005/12/22 23:20】 URL | 偽土田名人 #-

「私立極道高校」の事件は、以前Wikipediaで読んで、名前は聞いたことあるくらいの知識だったのですが、あれが発端だったんですか。

【2005/12/22 23:35】 URL | 西尾西男 #Y8r1mwBg

こんなのもありますね。
http://picnic.to/~ami/teian/teian_2.htm

【2005/12/23 16:44】 URL | ゆ #-

漫画表現の規制に反対するサイトでは、注意書きの掲載をお願いする運動もしているんですか。

リンク先のサイトに「成年コミックにおいては、ほとんど無いというのが現状のようです。」って書いてあったのはちょっと意外でした。成年コミックってあまり注意書きを載せてないのか

【2005/12/24 09:33】 URL | 西尾西男 #Y8r1mwBg

お初にお目にかかります。

今回の記事の内容、非常に興味深く拝見させて頂きました。

なるほど、色々ないきさつがあるのですね…。
個人的には、ターゲットにしている読者が、
『虚構と見抜ける判断力があるかないか』
を見極めて、注意書きを入れていると判断してました。

ライトノベルに余りそういった類のものが少ないのは、
読者対象がそういった判断が出来る世代と見て取っているからじゃないでしょうか。

【2006/01/15 20:44】 URL | 安倍辰麿 #gw026ZS6

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
https://nuruwota.blog.fc2.com/tb.php/830-7e884cae

Xmas Eveの切ない感情…~マリア様がみてる―未来の白地図~【オラオラッ!!!!!】
マリア様がみてる―未来の白地図毎度毎度、読むたびに辰麿を萌え上がらせる「マリみて」。今回の話では、妹獲得への動きや各自の成長や決意などがひしひしと伝わってきます。なかでも、主役の福沢祐巳(ふくざわゆみ)の周辺では感情の波がゆらゆらと……。メイプルの中の「

【2006/01/15 20:46】

| ホーム |