2005.01.14

ジャンプの「友情・努力・勝利」のようなものがコロコロコミックにもあるらしい

ジャンプの 3大キーワードといえば「友情・努力・勝利」ですが、コロコロコミックにもこのようなスローガンがあるらしいですね。

たとえば 600ページ 130万部の「コロコロコミック」のスローガンは「勇気・友情・闘志」と決まっているらしい。 500万部の「少年ジャンプ」の読者アンケートによる3大キーワードは「友情・努力・勝利」らしい。なんと、ほとんど同じなのである。そうだとすれば、2誌をよんでいるかぎりは少年犯罪などおこりそうもないのだが……。
(松岡正剛の千夜千冊『ニッポンマンガ論』フレデリック・ショット より )

ちなみに、この「勇気・友情・闘志」ってのはドラゴン精神と呼ばれているらしく、スーパードッジ公認ルールにも載ってるとか。

ドラゴン精神
勇気・友情・闘志
スーパードッジ公認ルール (本当にある ) 第 2項 競技者より、「競技者は、ドラゴン精神(勇気・友情・闘志)に基づいて競技するものとする」 (2002/07/29)
(あれんじあんどこれくと 用語集 より )
ってことは、もちろん選手宣誓では「私たち選手一同はドラゴン精神にのっとり正々堂々と闘います」って言うんでしょ?
さすが、コロコロから生まれたスポーツは精神も他とは一味違いますな。

ところで、 はてなキーワードのコロコロコミック に載ってたんですけど、これって有名なの?

コロコロコミックを読むと DQNに、コミックボンボンを読むとオタクに成長するという説はわりと有名。
初めて知ったぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | まんが | トラックバック(0) | コメント(8) |

<<タイトルなし | ホーム | 男性は少女漫画をどのように買えば良いのか>>

コメント

昔のコロコロはこのスローガンをモチーフにした「少年団」見たいなものが誌上で企画され、漫画まで連載されていました。

【2005/01/15 08:05】 URL | tasika #79D/WHSg

すいません。細かい部分ですが、題名の「ジャンプの「勇気・友情・闘志」のようなものが~」は「ジャンプの「友情・努力・勝利」のようなものが~」の誤りだと思うのですが。

【2005/01/15 10:02】 URL | pos #79D/WHSg

>tasikaさん
連載漫画まであったんですか。ってことはコロコロ読者の間ではわりと有名なんですね。
>posさん
あーヤバイ。間違えてコロコロの方を書いてしまいました。教えてくださってありがとうございます。

【2005/01/15 23:33】 URL | nishio #79D/WHSg

はじめまして。
最後のボンボンを読んでるとオタクになるは本当かも。
現に俺がオタクだし w
今考えると、ボンボンの連載漫画はコロコロの連載漫画よりオタ臭いような。

【2005/01/16 01:06】 URL | 銀河 #79D/WHSg

ボンボン…連載主力が「ガンダム、プラモデル、ゲーム」→オタクに
コロコロ…連載主力が「ミニ四駆、バトル」→ DQNに

【2005/01/16 09:58】 URL | #79D/WHSg

>銀河さん
ボンボンは、たしかにオタくさいですね w。名無しさんが書かれてますが連載主力が「ガンダム、プラモデル、ゲーム」ですから。
でもこの説があってるとしても、有名かどうか疑問が・・・。

【2005/01/16 22:10】 URL | nishio #79D/WHSg

そのわりには「あおまいぞ男吾」とか「バーコードファイター」とかカルト的人気があるやつはコロコロのほうが多い気がするが、単に購読者の差によるものですかね?

【2005/01/17 00:34】 URL | #79D/WHSg

ボンボンにカルト的人気がある作品が少ないのは、売上部数が少ないからじゃないかなぁと思うのですが。

【2005/01/17 23:03】 URL | nishio #79D/WHSg

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
https://nuruwota.blog.fc2.com/tb.php/79-4fa98684

| ホーム |