2005.11.02

ジュンク堂のハリポタ不良在庫対策?

ちょうど1年前、ハリーポッター5巻の売れ行きがいまいちで書店に大量の在庫が出て困っているというニュースが流れたのですが覚えているでしょうか。こちらの記事にも載ってるのですが、ハリーポッターは通常の本とは違い、買いきりという形をとっているため、返品ができず在庫が大量にでると書店が非常に困るものだったのです。

書店が戸惑うのは、売れ残れば出版社に返品できる通常の本と違い、5%以外は返品できない買い切り商品で在庫が書店の損に直結するため。2冊セットで場所も取り、値段も4200円(税込み)と高額だ。


この大量に在庫が残っていたというハリーポッターを最近ジュンク堂が無料でプレゼントするという企画を行っていたらしいです。

184 名前:無名草子さん 2005/10/27(木) 20:00:06
ジュンク堂池袋店の珍企画ワラタ!!!!!!!!
あの不良在庫のハリーポッター4、5巻をプレゼント中!!!!w

1000円以上お買いあげでトランプ柄のしおりを1枚引ける
2枚同じ数のトランプをひきあてることができたら当たり
ハリーポッターの4巻もしくは5巻、それかジュンク特製ブックカバーをプレゼント中

あのジュンク堂ですらハリポタはさばききれなかったってことっすね
しかし無料プレゼントするか?w

187 名前:無名草子さん 2005/10/28(金) 00:41:05
今日池袋行ってみたらみんなハリーポッター持って帰ってたよ。ブックオフにまわるな


189 名前:無名草子さん 2005/10/28(金) 13:12:54
>184
それって再販的にOKなの??
安売りはダメだがあげるのは可、ってすごいな

190 名前:無名草子さん 2005/10/28(金) 13:15:31
>>189
ハリポタは買い切り制だから版元も文句言えないんじゃないw?

191 名前:無名草子さん 2005/10/28(金) 13:19:42
一度店が買い取って人にあげる、って形にすればいいでしょ。

192 名前:無名草子さん 2005/10/28(金) 13:54:24
>>190
版元が生きている限りは×
岩波が解りやすい例

193 名前:無名草子さん 2005/10/28(金) 20:08:43
>>184
ブクオフに売りに行った方がイイんじゃね?

194 名前:無名草子さん 2005/10/28(金) 20:16:08
俺古本屋のバイトなんだけど、今日マジで針井持ってきた客キタ
なんか、「本屋さんでくじ引きしたら当たっちゃって」
とか言ってんの。もう見てらんない(買い切りの酷さを)

195 名前:194 2005/10/28(金) 20:21:01
あと、ウチの店では結局買い取ることにしたんだけど、
未開封のセット本にもかかわらず、本の上部にマーカーで印が売ってあったんで
(恐らく転売対策)
ブックオフに持っていくとかは無理だと思う。

201 名前:無名草子さん 2005/10/29(土) 00:39:05
あのトランプカードは1~13まであるんだよね?
みんな当ててるけど、そんなに高確立でペア出るもんなの?

202 名前:無名草子さん 2005/10/29(土) 01:02:43
かなり当たる確率高いよ。
同じマークの同じ数字でペア、とかだとかなりの高確率になると思うが、所詮カードは13種類。
最初聞いたときはそこまでしてハリポを放出したいのかと思ったが、大丈夫なのか。
ジュンク堂がいくら売り上げてるか知らんが、かなりの支出になるはずだぞ。

203 名前:無名草子さん 2005/10/29(土) 01:03:52
1000円お買い上げにつき一枚引ける。
自分は3000円分買って、3枚引いたわけで。そして当たったわけで。
初めに一枚引いて、次に同じ数字のカードを引く確立は
51分の3で5.88%、20人に一人?

それに、あそこの本屋は客単価の大きい人が多そうだし…。

205 名前:無名草子さん 2005/10/29(土) 13:24:26
>>203
俺の隣で買った人なんか、
五万円で五十枚あげるって感じだったもん。
普通にトランプとして使えそうな枚数だよね。


(JUNKUDO ジュンク堂書店 5店目)



10月29日の時点でハリポタは全部無くなって終了しちゃったみたいですけど、どんだけ無料で配ったのだろうか。ジュンク堂ですら大量に余ったハリポタ…。恐ろしい。



20051101223401.jpg



このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | その他 | トラックバック(0) | コメント(1) |

<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

今更ですが、買い切りの怖さというよりは、長い間護送船団方式でやってきたために流通機能が麻痺している、出版業界の小売店の脆さが露呈したというべきではないでしょうか。
ほとんどの商品は、普通は買い切りなんですよね。返品できる方が異常。買い切りでもやっていけるように、入荷量を調節したり、値下げをしたり、キャンペーンを実施したり、早期予約した人には割引したりという営業努力をするんです。
書店はそのような努力を何もしていないから、こういうことも起こり得る。むしろこの一件はジュンク堂なりに努力した結果だと、私は捉えました。

【2006/09/01 08:43】 URL | とおりすがり #-

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
https://nuruwota.blog.fc2.com/tb.php/787-07fe03a8

| ホーム |