2005.09.21

巫女さんの袴はどちらがいいか

エロゲネタ板に【千早】巫女スレ其の七【緋袴】というエロゲの巫女さんについて語っているスレがあるのですが、これがちょっとおもしろい。巫女さんの袴には行灯袴(スカート型)と馬乗り袴(ズボン型)の2種類あるらしく、その好みが激しく分かれるみたいなのですが、その分かれ方がエロゲ板っぽくてなかなかイイです。


行灯袴(スカート型)と馬乗り袴(ズボン型)
現在の巫女さんは行灯袴が主流派だが、少数派ながら馬乗り袴も実在する。
したがって、馬乗り袴それ自体は改造巫女服ではない。
また行灯袴は明治~大正期に開発されたもの。
それ以前の巫女さんはすべて馬乗り袴だから、こちらが“正統派”となる。

・行灯袴派(スカート型)の主張。
  ・現在の多数派だし、一般的なイメージとして
   浸透しているから。
  ・いかがわしいことをしやすいから。
  ・スカートっぽくて、女性的なイメージが
   あるから。
  ・そもそも、股のある袴なんて典型的な改造巫
   女服と勘違いしていたから。
 
・馬乗り袴派(ズボン型)の主張
  ・今でこそ少数派であるけれども、来歴的には
   こちらが正統派だから。
  ・ガードが固くて、いかにも貞操を守る巫女さ
   んのイメージがあるから。
  ・“古式ゆかしい巫女さん”を印象付けるなら
   大正期に普及した行灯袴よりも、昔からある
   馬乗り袴の方がいいから。
  ・いかがわしいことするのに様々な選択肢があるから。



結局いかがわしい行為に持っていく場合、どちらの方が萌えるかという問題が大きそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |

<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
https://nuruwota.blog.fc2.com/tb.php/746-3187a595

| ホーム |