2005.01.10

ダイソーから出てる『まいっちんぐマチコ先生』はダイソーを褒め、三大少年誌批判してる?

ダイソーから『まいっちんぐマチコ先生』が復刻されているらしいのですが、当時とセリフの内容が変わってるところがあるらし、その変更部分のセリフが、すごいらしいです。

34 名前:マロン名無しさん  02/08/06 14:59
マチコ先生とハイスクールエージェントってのを買った。
マチコ先生はやっぱり面白かった、が!!
セリフが変えられている箇所があって
しかもそのセリフが『ダイソー出版バンザーイ!
ジャンプサンデーマガジン嫌い!!』というものだった。
他にもセリフを変えてダイソーを褒めてる箇所が。
今の基準じゃ出版できないようなセリフでもあったところなのかな?
ダイソー褒めるだけならまだしも、三大少年誌批判・・・
イカすよえびはら武司!!
ハイスクールエージェントはくそつまんなかった。
マチコしぇんしぇー(;´Д `) ハァハァ


『ダイソー出版バンザーイ!ジャンプサンデーマガジン嫌い!!』
こ、これはぜひ見てみたい。
というわけで、いろいろ探して見たら、その部分のキャプ付きでダイソー版『まいっちんぐマチコ先生』紹介してるサイトを見つけました。こちら
http://www12.ocn.ne.jp/~yukine/vnf/day/2003_12.html#03_12_16

えびはら先生、ダイソーを持ち上げすぎw
それでもいまだに 3巻が出てないとは・・・。
ちなみに、ダイソーがコミックを出し始めた当時、『まいっちんぐマチコ先生』は一番人気だったとかいう話も。

一応、こちらが ダイソーのホームページ に載ってるコミックのリスト
・化粧師 /石ノ森章太郎
・つらいぜ!ボクちゃん /高橋亮子
・まちこの千夜一夜 /里中満智子
・スマッシュをきめろ! /志賀公江
・ FEEL SO BAD/森園みるく
・オサムとタエ /村野守美
・天才調香師 宝条ミカ (1)/三浦みつる
・探偵屋・純子 /伊万里すみ子


石ノ森章太郎、里中満智子など大御所の名前があってスゴイ感じがしますが、どうなんでしょう。
あと、 2002年にはこんなコミックが売られていたみたいですよ。

8 名前:マロン名無しさん  02/07/23 13:03
永井豪「獣神ライガー」
いがらしゆみこ「シミュレーショントライ」
       「愛ちゃんの愛」
       「花達の囁き」
たなか亜希夫「幸福になりたい」
えびはら武司「まいっちんぐマチコ先生」
あおきてつお「こっとん鉄丸」
かわばたまき「ごはんですよ」
ニッシ-西「ビバ!柔道愚連隊」
荘司としお「チャレンジ君」
おおつぼマキ「ボクらの甲子園」
石川球太「巨人獣」
谷村ひとし「ハイスクール AGENT」
飯森広一「動物園日記」
夏目けいじ「空のはるか虹のかなた」
     「ぼくンち花丸写真館」
神田たけ志「氷壁の達人」
高橋はるまさ「ブルートレイン」
土山しげる「クライマックス」
御茶漬海苔「惨劇館」


結構評判の良い本が多かったですが、ダイソーのマンガは尻切れトンボで終わってことが多いらしい。 (ダメじゃん )

(関連 )
米沢嘉博の現代マンガ時評 : マンガと価格について「百円コミック登場!」


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | まんが | トラックバック(0) | コメント(6) |

<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

ご無沙汰してます。(覚えてないかも?)
ダイソーの 100円コミック、石川球太「巨人獣」と飯森広一「動物園日記」とあおきてつお「こっとん鉄丸」いずれも再収録本ですが、なかなか味があって面白かったです。
同じくダイソーの 100円小説、こっちは書き下ろしモノとかあって、調べてみると中々ディープな感じもします。
私の知っている限りだとコバルト文庫の作家、奈波はるか氏(少年舞妓・千代菊がゆく!などが代表作)が別ネーム辻村真琴名義で京都を舞台にしたミステリーを書いていて
「祇園舞妓地獄変」という作品に「千代菊」の主要キャラクターである楡崎慎一郎というのが、ゲスト出演していたり……どうでも良いなんですが

【2005/01/14 01:16】 URL | NIBROU #79D/WHSg

NIBROUさん、どうもお久しぶりです。ちゃんと覚えてますよ w
この記事でも引用させてもらった 2chのスレでも「巨人獣」はすごい評判が良かったんで気になってました。やっぱりよさそうですね。 100円だしちょっと読んでみます。
それと 100円小説の方は、コバルト作家さんが書いてるんですか。まんがよりもこっちの方ちょっと気になったり。「千代菊がゆく!」は読んだことないんですけど、こちらも買ってみようと思います。

【2005/01/15 00:27】 URL | nishio #79D/WHSg

自分でコメントに書いておいて、アレですが「少年舞妓・千代菊がゆく!」はあまりお勧めできないライトノベルです……
一時期、私は千代菊シリーズにハマっていて、何冊か買って読み込んでいたんですけど、それを知り合いに進めたらイマイチな反応が却ってきました。
で、私も冷静になって読み返してみると、そんなに人に勧められる本でもないなぁと認識を改めた次第。
ジャンルが BL(ボーイズラブ)なのと、これを書くのは抵抗ありますけど、客観的に本を読んでいくと、小説としてあんまり面白くないんで(一巻は面白い要素があるやも、それ以降は同じパターンの繰り返しなので読んでいて飽きます)
ただ、コバルト文庫の中では売れ筋に入るシリーズでコバルト読者にはそこそこの評価を得しているシリーズという事で、フォローを入れておきます。
買う前に立ち読みをして……や、コバルト文庫の棚で千代菊を立ち読みするって、かなり勇気がいりますね。無理かも

【2005/01/15 10:57】 URL | NIBROU #79D/WHSg

今、気になって前にマリみて目当てで買ったコバルトを漁ってみたんですけど、その中に千代菊のマンガ版第 1話ってのがあったんで読んでみましたが、意外とおもしろかったですよ。このあと関西実業界の貴公子とはどうなったのか気になるかも・・・。
でもマンガと小説じゃ違いますしね。とりあえず、コバルトの棚で立ち読みは、やっぱり厳しいので、ダイソーにあるミステリーの方をちょっと立ち読みしてみます。

【2005/01/16 00:08】 URL | nishio #79D/WHSg

>千代菊のマンガ版第 1話ってのがあったんで読んでみましたが、意外とおもしろかったですよ。
アレを面白いと感じたのなら、千代菊シリーズの一巻目を買っても OKだと思います。楽しめる筈です。大丈夫。と無責任に保証しておきます。

【2005/01/16 05:59】 URL | NIBROU #79D/WHSg

じゃ、ちょっと読んでみますね。

【2005/01/16 22:15】 URL | nishio #79D/WHSg

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
https://nuruwota.blog.fc2.com/tb.php/74-3a1ff19d

| ホーム |