2004.07.01

ぱふ8月号 森薫インタビュー

よみました、今月号のぱふの森薫先生のインタビュー。
「エマ」の特集ということで、「エマ」の話が中心だったんですけど、森薫先生は、熱いですね。背景や衣装など、細かいところへのこだわりは、このインタビューを読むだけで、その熱さが伝わってきます。中でもメガネへのこだわりは、すばらしい。

「顔の向きにあわせてレンズの取手を描くのが楽しい」

角度が重要なんですかの問に対して

「一番いい角度は、かけてる人の斜め後ろぐらいから内側のレンズがみえるような―」

メガネについてここまで熱く語ってくださるなんて。
もう、ここ読んだときには、心の中でスタンディングオベーションです。
そういえば、コミック2巻の巻末でも、ハキムガールズが決して笑わないところが大事だと熱弁していたことがありましたが、そういう、渋いこだわり語っているのを読むと、「あー、そこって重要ですよね」て、つい頷いてしまいます。

今回のインタビューでは、「エマ」は、最初の構想ではウィリアムスは、いなかったという話や、奥様は、脱ぐシーンが多いですけど、奥様は最初から脱ぎキャラにしよう考えていたなど、裏話がいっぱい。
そしてインタビューの終わりのほうで「エマ」が終了したら、ケリーさんの若い頃の話など、脇役の人を主人公にした短編を書いてみたいとおっしゃってましたけど、ケーリーさんの若い頃の話ですか、
うぁー、ものすごい読んでみたいよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | まんが | トラックバック(0) | コメント(0) |

<<マリかう | ホーム | 「 NHKにようこそ!」中吊り広告>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
https://nuruwota.blog.fc2.com/tb.php/448-26d92d26

| ホーム |