2004.12.25

「ブルマー研究本」が来年 2月に青弓社から出版されるらしい

青弓社から来年 2月に『ブルマーの社会史――女子体育へのまなざし』というブルマーを研究した本が出るみたいです。

http://www.seikyusha.co.jp/
高橋一郎/萩原美代子/谷口雅子/掛水通子/角田聡美

『ブルマーの社会史――女子体育へのまなざし』
05年2月中旬刊 四六判  1600円+税

明治後期に日本に輸入されて、大正期から敗戦を挟んで戦後まで黄金期を築いたブルマー。その広範な普及によって女性の身体を〈欲望のまなざし〉にさらしたために、一九九〇年代に消滅したその過程を、スポーツ社会学の論者が史料からたんねんに掘り起こす。「女子身体イメージの変容」「性の解放と抑圧のパラドクス」などのブルマーをめぐる問題群から、セクシュアリティの歴史的変容に迫る。


「女性の身体を〈欲望のまなざし〉にさらしたために」って、また凄いなぁ (笑 )
この本、どうも最初は今年の 10月に出る予定だったらしいですが、 2月に延期になっちゃってたみたいです。
今度はちゃんと出て欲しい。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |

<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
https://nuruwota.blog.fc2.com/tb.php/146-db940d70

| ホーム |