2007.03.18

アニメーションノートNo.5で「まなびストレート」の特集が組まれてた

本屋に行ったらアニメーションノートNo.5が出てたんで購入したら、最近何かと話題になってる「まなびストレート」のufotableが8ページにわたって取材されてましたよ。

20070318221750.jpg

20070318223249.jpg

基本的には、まなびのメイキングについての記事がメインで、髪のグラデーションの撮影や、第2話の生徒会室改装シーンの原画などが紹介されてます。社長が日記で髪のグラデーションについて書いてたのは、この取材があったからですかね。「まなび」の絵づくりについてこだわりがいろいろ書かれてる特集なので、まなびファンやufotable好きは、とりあえずこの特集だけで買いではないかと。
そういえばこれまでufotableへの取材記事って、アニメスタイルと「この人に話を聞きたい」で社長が登場した回くらいしか見たことなかったかも。

あとメインの特集は「美術〈背景画〉の究極のテクニック」ということで、草薙、新海さんと丹治匠さんの対談、小林プロダクション、山本二三さんが取材されてるんですが、小林七郎さんの木の葉の描き方とか山本二三さんの雲の描き方まで載ってますよ。このまえ「山本二三と絵映舎の仕事展」を見に行ってきたばかりなので、すごく良いタイミングでこの特集。ちょっとテンション上がった。山本二三さんのところに載ってる「時かけ」や「もののけ」などの背景画は、たぶん全部この前の絵画展で展示されてましたね。

[Amazon]
アニメーションノート 5
アニメーションノート 5

このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(0) | コメント(7) |

<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

「絵作り」の拘りはいいんだけど、ストーリー構成や物語としてのクオリティーに無関心なのはどーなんでしょう。ヤシガニが連発してる昨今、スキルを無駄に使ってるなーと思うのはボクだけでしょうか(笑)「空の境界」も、絵は綺麗で動きもいいけどお話の内容が箸にも棒にも掛からないヘタレだったらどうしようって心配は杞憂でしょうか?

【2007/03/19 05:23】 URL | 大木正夫 #z1uogJ6Q

…どこに「ストーリー構成や物語としてのクオリティーに無関心」って書かれてんでしょーか

【2007/03/19 17:20】 URL | #-

番組観れば一目瞭然じゃないですか?
少なくとも、ストーリー構成や物語としてのクオリティーに関心があるなら、あんなフラットな作品しか作れないわけがありませんよ。あれじゃ、他人に見せるという視点が完全に欠落した素人の駄弁りですよ。

【2007/03/19 22:39】 URL | 大木正夫 #Qi8cNrCA

なんの話してるんだろう?

【2007/03/20 00:47】 URL | #-

アニメーションノートの記事と番組自体がごっちゃにして書かれてるからなんの話してるのか少しわかりかねますね。

【2007/03/20 03:58】 URL | #-

まぁまぁ落ち着いて。

とりあえず、アニメーションノートの記事は、絵作りについての記事なので演出部分や作劇には触れてません。元々そういう企画の記事なので。

そんで大木さんはufotable作品全般に対しての苦言を呈してるということだと思いますよ。

【2007/03/20 08:13】 URL | 西尾西男 #Y8r1mwBg

大木さんってのは決め付けた書き方をされてるので、この作品が好きな私にはとても嫌な感じがしますね(T_T)

【2007/03/20 17:21】 URL | #-

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
https://nuruwota.blog.fc2.com/tb.php/1227-fb506dec

| ホーム |