2019.12.30

話数単位で選ぶ、2019年TVアニメ10選

2019年も恒例のこの企画、『話数単位で選ぶ10選』を書いてみました。今年もぬるいぞ、ぬるヲタ。


ルール
・2019年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。



⚫️1月3日放送 NHKバーチャルのど自慢
20191229103748cac.jpeg
実は「バーチャルさんはみている」よりも早く地上波で放送された
VTuberのバラエティ番組。しかも長寿番組「のど自慢」を
VTuberでやるという正月からNHKが発狂しちゃってる企画です。
司会も本家と同じく小田切アナウンサーが務め、各VTuberが歌を
歌っていくと言う45分番組。CGアニメの歴史的に
「バーチャルさんはみている」の直前に同系統のイかれた番組が
あったと言うことは後に重要になるかもしれない。知らんけど。


⚫️1月27日放送 HUGっと!プリキュア 第49話「輝く未来を抱きしめて」
脚本:坪田文 絵コンテ:佐藤順一、座古明史、坪田文 演出:岩井隆央 作画監督:フランシス・カネダ
アリス・ナリオ 総作画監督:川村敏江、宮本絵美子、山岡直
20191228125815c05.jpeg
それぞの10年後を描くという度肝を抜かせた最終回のBパート、
子育てをテーマに描いたこの作品の最後の最後にプリキュアの
出産シーンという本気を見せつけられました。


⚫️2月12日放送 臨死‼︎江古田ちゃん 第6話
監督 脚本:高橋良輔 キャラクターデザイン 作画監督: 吉井沙江
20191228152408b22.jpeg
ロトスコープを使って描かれた動きが生々しい江古田ちゃんが
良かった。裸で料理をしていて、油がとんでアツってなったりする
生々しい表現も素敵だし、キャラクターデザインも
インディペンデント・アニメーションのような、
いわゆる商業アニメとは違うアート寄りなデザインに
感じられるのもカッコいいです。
一方で、三森さんの演技がリアルに寄りすぎてない所が
商業アニメとしての一線を超えないという意思の現れに
感じます。これが映画祭とかに出てくる短編アニメだったら、
ボソボソ喋る演技か、もしくは声を入れない作品になってそうだし
EDの歌もなかったと思う。だからこの、ギリギリで
商業アニメになってるバランスが面白い。


⚫️2月16日放送 新幹線変形ロボ シンカリオ 第58話「ファイト!!エクスプレスと青春のE2系」
脚本:下山健人 絵コンテ:奥澤粗笨、池添隆博 演出:関大、渡辺正彦 作画監督:寿門堂 総作画監督:嶋崎知美、永作友克
20191228160036d49.jpeg
ハヤトが生まれた頃、超進化研究所に入ることを悩むホクトに
さくらママがかけた「やりたいことを諦めるのにハヤトを言い訳に
使わないで。ホクトくんにはやりたいことを思いっきりやる親として
ハヤトと向き合ってほしいの」というセリフが惚れました。
結婚してください。
あと、関係ない話だけど、JR東海のCMパロディは、最後に
「JR東海」のアイキャッチを入れられないことで、
物足りなさを感じるのは自分だけだろうか。CMパロディは
毎回、心の中で「JR東海」って入れてます。


⚫️4月1日放送 なつぞら(1)「なつよ、ここが十勝だ」(1w-1「 東京大空襲」)
監督:益山亮司 作画監督:柴田由香
001_size6.jpg
10選的に入れて大丈夫なのか分からないけど、ドラマという
色物を選んでしまいました。でも今年のアニメを語る上で
外せないのは、「なつぞら」でしょう。戦後アニメーション制作を
舞台とした朝ドラが始まるって事で、放送前からあの大御所は
誰が演じるんだとかワクワクして、放送が始まってからも、
あの人とあの人が結婚しない世界線だと!小田部さんが
いつまでたっても出てこないぞと、目が離せない毎日でした。
そんな、「なつぞら」で流れたアニメの中で悩んだ末に
選んだのが「東京大空襲」。
これは、朝ドラの1話冒頭で描かれる主人公なつの
空襲体験のアニメ。物語上、ずっと重要になるシーンのアニメ
でしたが、なんと言っても最終回で、このアニメが、
なつの夫である坂場が後に制作する劇場作品だった事が
分かるという展開が驚きです。
やっぱり「火垂るの墓」やったんかーい!


⚫️4月14日放送 キラッとプリ☆チャン第53話 「まりあちゃんがやって来た! かわいい向上委員会だもん!」
脚本:福田裕子 絵コンテ:黒瀬大輔 演出:黒瀬大輔 作画監修:斉藤里枝・島田さとし・川島尚
2021202.jpg
単純に、まりあちゃんが好きなんです。この子、頭のネジが
ぶっ飛んでる感じが最高ですけど、この回のまりあちゃんは
特に頭のイカれっぷり半端ない。30分、ずーっと、かわいいと
連呼してるだけの回ですからね。私も頭がおかしくなりました。


⚫️7月14日放送 サザエさん No.7966「迷惑な胃ぶくろ」
脚本:浪江裕史 絵コンテ:片野功 演出:近藤一英 作画監督:関本渡
D_rBwSoU0AA8eIC.jpeg
10選にサザエさんを入れるならタイコファンの私ならタイコさんの
登場した回を選ぶと思ったでしょう。甘い、今年のサザエさんで
一番、興奮したのは、関本渡さんの初作画監督&一人原画回ですよ。
Twitterサザエ実況勢出身のサザエニスト、せっきーさんが
突然、一人原画をするという大事件で、サザエ実況勢は皆、
エクスタシーに達したことは言うまでもないでしょう。
一年の終わりに改めて、せっきーさんの描いた極上おにぎりを
堪能して頂きたい。来年も御活躍を楽しみにしてます。


⚫️10月30日 おじゃる丸 第1780話「どっきーん じじらずラブ」
脚本: 高橋幹子 絵コンテ: 大地丙太郎 演出: 菱川直樹 作画監督: ときながよしゆき
201912291714218b7.jpeg
一部のお姉様方の間で話題となったケンさん総受けBL回。
おじゃる丸は「おじゃる17」とか、お姉様受けする回を
たまにやりますね。今回も大地さんの回だけど、
大地さんの娘さんの影響とかあるのだろうか。
でも、今回は大地さんはコンテしかやってないから
たまたまかなぁ等、いろいろと妄想が膨らみます。
因みにタイトルは、あのドラマのパロディ。
実は、おじゃる丸では同じく10月に「踊る相棒」って
話も放送してたのですが、そちらは未視聴。気になる。


⚫️11月16日放送 クレヨンしんちゃん 第1013話 「アクションバスを追え!だゾ」
脚本: 阪口和久 絵コンテ: 池端たかし 演出: 安藤良 作画監督: 尾鷲英俊
EJZvmQvXkAYm_EF.jpg
ひたすらアクション仮面のラッピングバスを追ってるだけの回。
でもね、この気持ち分かるんですよ。ラッピング電車を追ったことの
ある者からすると。ラッピングを上手く撮れなかった時、
目の前で行ってしまった時、車庫で思う存分撮影できた時の気持ち。
全部が分かるってなる。あと、ひろしは優しいパパだよ。偉いなって
思った。


⚫️12月13日放送 紙兎ロペ 第1777話「斜筒」
201912281003370d2.jpeg
ロペで、ここまでクロストークしてる回はあっただろうかと
気になった回。二人が、お互い、話す度にセリフを
被せて来るのですが、その被せ方が絶妙。
ロペに限らず、アニメってクロストークが少ないので、
この回の台詞の被せ方は際立ちました。
あと「斜筒」って響きが笑えてくる。
そのうちこの回もYouTubeに公式で上がると思うので
一度、見ていただきたい。


選外
⚫️3月15日〜放送 マルコメ株式会社TV-CM「料亭の味 米麦合わせ ふたりでおやすみ篇」
クリエイティブディレクター:矢口隆 アニメーションディレクター:大宙征基 キャラクターデザイン/作画監督:須藤智子
201912281045213c9.jpeg
実はこの記事の公開直前まで、このCMを10選に入れてたのですが、
果たして10選でテレビCMはテレビアニメに選んで良いのか
わからなかったので、今回、泣く泣く外したので選外として紹介。
方言キャラを演じさせたら日本一の女優のんさんが主演のマルコメCMです。
90秒の中に、シングルマザーだってこととか、千葉に親子で
住んでるのに母親は博多弁で話すとか、いろいろなバックグランドが
詰め込まれてて、その全てが、感動のラストに繋がってるのが
素晴らい。何回も見てると、また新しい発見があるので、
見返して見ちゃいます。



以上です。
今回を最後に、これまで『話数単位で選ぶ10選』の集計を
してくださっていた新米小僧さんがこの企画から離れられると
お聞きしました。毎年、元日に集計結果をワクワクして読ませて
頂いて、その後、正月飾り巡りに出かけておりました。
10年もの間、ありがとうございました。
私は、今年、正月飾り巡りをしないので、ゆっくりとした
年末年始になってます。新米さんも来年はゆっくりしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

| ホーム |