2018.12.31

話数単位で選ぶ、2018年TVアニメ10選

2018年も恒例のこの企画、『話数単位で選ぶ10選』を書いてみました。
今年もぬるいぞ、ぬるヲタ。

ルール
・2018年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。




●2018年1月4日
ゆるキャン△ 第1話「ふじさんとカレーめん」
脚本:田中仁 絵コンテ・演出:京極義昭 作画監督:佐々木睦美

ゆるキャン△で志摩リンが愛用してる乗り物と言えばYAMAHA Vinoというイメージが強いと思います。しかし、私としては小径車に乗ってるイメージも強いのです。それは、DAHON?でヒルクラをかます第1話の前半部分のインパクトが絶大だったから。息を切らして激坂を登る萌えキャラ。最高じゃないですか。一説によるとこの時、志摩リンの自転車走行距離は37.1kmで獲得標高1265mだとか。キャンプマニアだけでなく、小径車乗りにもロマンが感じられる話ですよ。



● 1月12日放送
ピングー in ザ・シティー 第14話「パンでアート!?」
脚本:田辺茂範 絵コンテ・演出:足立慎吾
ピングー

突如、ピングーで足立慎吾さんがコンテと演出をやったことが、一部のアニメファンの間で
話題となった回。パン屋で手伝いをするピングーがパンを使ったアート作品?を飾ることで
人気パン屋となるという可愛らしい話なのですが、これまでピングーを見たことがなかったので、これが普通の回なのか異色回なのかわかりません。しかしピングーで足立回をやるのがレアなのは間違いない。


● 1月14日放送
サザエさん No.7706 「父さん目玉焼きの友」
脚本:雪室俊一 演出:神原雄二 作画監督:小池達也
IMG-3562.jpg

サザエさんで2007年5月27日に放送された鬼才、雪室俊一さんが書いた迷作回
「父さん発明の母」というエピソードをご存知だろうか。全自動卵割り機という妙な機械を波平が買ってくるという未来的な伝説のエピソードだ。あれから11年、あの回のオマージュエピソードが放送された。今回は、全自動卵割り機ではなく、目玉焼きにかける醤油、塩、ソースをお好みでかけられる世紀の大発明を扱った話である。前作よりもパンチが欠けるものの雪室さんの卵に注ぐ情熱を十分に感じることができる。
一つ不満があるとすれば、私がサザエさんの中で愛してやまないキャラクター、波野タイコ(22)が出てこないことだ。前作では、ちゃんとタイコさんの出番があったんです。新たな続編を書かれる機会がありましたら、ぜひ、タイコさんを出してください。


●3月27放送
宇宙よりも遠い場所 STAGE13「きっとまた旅に出る」
脚本:いしづかあつこ 絵コンテ・演出:いしづかあつこ 作画監督:吉松孝博、室山祥子
よりもい

「よりもい」の中で、最終回を今回、選んでみたわけですが、この作品は最終回よりも、他の話数のほうが泣ける会があったり、笑える回があったりすると思うのです。だけどもあえて、エピローグ的な最終回を選んだ理由は、ただひとつ、ED後に成田空港からキマリが乗って帰った電車にあります。キマリは、なんと京成本線で帰るんですよ。同じ京成で帰るにしても、所要時間の短い成田スカイアクセス線に乗るのが定石なわけです。そこを本線にしたところに京成沿線民としては喜びがあったわけです。京成ってあんまりアニメに出てこないのですよ。


●5月27日放送
ちびまる子ちゃん 1151回「まる子、早めに衣替えをしたい」
脚本:熊谷那美 絵コンテ:青木佐恵子 演出:青木佐恵子 作画監督:あべじゅんこ 脚本監督:さくらももこ

西城秀樹さんが亡くなったため、ちびまる子ちゃんスタッフからの追悼メッセージが放送された回です。よく考えるとアニメに出てくる現実の人物に対して、アニメの中で追悼メッセージを放送するという何ともメタ的な構造です。西城さんが亡くなったと聞いて、お姉ちゃんのことを心配した視聴者も多数いたでしょう。テロップを出すだけにせず、イラスト付きで追悼メッセージを出したスタッフに愛を感じました。
しかし今年はこの後に、さくら先生まで亡くなってしまい、ちびまる子ちゃんにとっては寂しい年となってしまい残念です。


● 7月10日放送
ヤマノススメ サードシーズン 第2話「登山靴ってすごいの?」
脚本:ふでやすかずゆき 絵コンテ・演出・作画監督:ちな
Screenshot 2018-12-02

良回たくさんあったサードシーズン、どれを選ぶか悩んだ中でチョイスしたのが、序盤で、ヤマノススメが帰ってきたことにテンションの上がったこの回。あおいの超ネガティブな人柄が遺憾なく発揮されていて、暗く地味な回になりそうなところですが、妄想シーンがコミカルで可愛らしかったり日常芝居もアニメ的にデフォルメされており、とても楽しい。


●2018年10月29日放送
紙兎ロペ 1489話「ジンベエザメ」

ジェスチャーゲームをしていて、出題者の牧野だけが喋っており回答者のアキラ、ロペ、畑中は全く声を発しないという異質な回。どうもこの回は、紙兎ロペと海遊館のコラボグッズが発売されたので、それを記念して作られたようなのです。それなのに、あまりに地味でシュールな出来というのが気に入りました。グッズの宣伝にはなってないでしょう。そもそもアキラとロペがずっと画面にいるのに二人とも一言も発しないというのは、これまでのロペの中でもかなり珍しい回です。
ちなみに私は毎年、ロペを10選に入れてますが、読んでくださった方がその回を気になったとしても、どうやって視聴すれば良いのだろうと思っておりました。しかしご安心を、なんとこの回はYouTubeに上がってます。もちろん公式です。


●2018年11月25日放送
アニマエール 第8話「せんぱいとあたし」
脚本:大知慶一郎 絵コンテ:板津匡覧 演出:野呂純恵 総作画監督:天﨑まなむ曾我篤史
作画監督:渡辺舞、山本恭平、狩野正志、平塚智也、みやち
アニマエール
ダンスの作画の良さが話題となった回。そのダンス、バックでかかっている曲がhitomiさんの「Love2000」のカバーってのもびっくり。シドニー五輪のマラソンで金メダルを獲った高橋尚子さんがこの曲を試合前に聞いていたとインタビューに答えたことで話題たとなった曲ですよね。ついこの前のような話ですけど、実は、こはねが生まれる前にヒットした曲なわけで、なんで彼女のスマホに入っていたのか謎ですが、18年も前の曲で素晴らしい作画が見られて感慨深いものがありました。



●2018年12月2日放送
キラッとプリ☆チャン 第35話「友情、時をこえてみた!」
脚本:雑破業 絵コンテ:誌村宏明 ストーリーボード:Choi Hun Cheol、Na Ki Chual 演出:野木森達哉 アニメーション演出:Na Ki Chual 作画監督:Song Seung Taik、Song Hyun Ju 、HanSeung Jin、Jung Ji Moon 作画監修:斎藤里枝、川島尚
77235.jpg

「プリ☆チャン」のエピソード0をやるというエモい回。こういう回は弱いですね。初代のプリキャスが巨大な機械だったり、初期の頃はプリチャンの電波が町内にしか飛ばせなかったとかプリキャスの歴史を振り返るというのがアツすぎる。友情、恋愛、そして「プリ☆チャン」を宇宙規模にする新しい夢、どれもエモいけどとにかくプリチャン最初期の伝説的番組、マーサおねえさんの「キラキラステーション」を見ずしてプリ☆チャンは語れない。



●12月22日放送
新幹線変形ロボ シンカリオン50話「闘!!ブラックシンカリオンVSトラメ」
脚本:下山健人 絵コンテ:田所修、大畑晃一 演出:鈴木卓夫 作画監督:野上慎也 総作画監督:市来剛
シンカリオン

実は、この回が放送される前に既にシンカリオンは別の話数が私の10選に選ばれており、記事も書き終えていたのですが、急遽、50話に差し替えました。
これまでJR東海の新幹線CM「ハックルベリー・エクスプレス」「ホームタウン・エクスプレス(89年 深津絵里バージョン)」の完コピを放送してきたシンカリオンが満を持して完コピしたのが、この50話で放送した「クリスマス・エクスプレス(89年牧瀬里穂バージョン)」。
予告映像で匂わせていた牧瀬里穂バージョンの完コピを見事に放送したことは、只々、嬉しかった。
この50話がこれまでの話と違うのは、完コピCMが小ネタで終わるのではなく、フタバさんがプロポーズされるという50話のストーリーにリンクしており、ちゃんと意味を持っていたこと。これが良かった。まさに究極かつ至高のクリスマス・エクスプレス回でした。
ところでハヤトきゅんは回を増すごとに可愛くなってませんか?鉄道に興奮するハヤトきゅんが可愛くて仕方ありません。



以上です。




このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2018.02.12

星宮いちごさんの「フフッヒ」は日本アニメ黎明期から続く伝統の笑い方だった?

Twitterでずっとかいてたことなんですけど、ブログにまとめておこうと思います。
昨日、「きかんしゃトーマス」の二ヶ国語を同時に聞いていて、私、世紀の大発見をしたんです。
日本語吹き替え版では、女性キャラがアニメの笑い方(いわゆるフフッヒ)をするんですが、
英語吹き替えでは、そんな笑い方を一切しないのです。これ日本独特の表現なのかもしれません。

(※「フフッヒ」ってこんなの)



この「フフッヒ」の「ヒ」で息を吸うという演技については、以前、洲崎綾さんがラジオで話してたことがありました。

「あれ何なんだろうね。うまいこと語尾を処理するとそうなるよね。笑いっぱなしだと多分ナチュラルすぎて変なんだよね。」


(洲崎綾#70 該当部分12:43から)



やはり普通に考えると、「フフッヒ」の笑い方は不自然なんですよね。それを可愛く聞こえるようにしたというアニメ独特の表現のようです。そこで気になったのが、日本の萌えアニメが北米で発売されたとき、現地の声優さんが英語吹き替えをしてるけど、あれはどうなんだろうと思って確認しました。すると、やっぱり北米版の吹き替えでは「フフッヒ」をやってないんです。




この動画、すごくわかりやすくて、比較すると日本の方が圧倒的に気持ち悪い。みんな息を吸ってて、こいつら過呼吸なのかなって思うでしょ。北米版のほうが笑いとして自然だし可愛くもある。日本の異質さを感じます。

ちなみに日本アニメの影響を受けている中国アニメでは、向こうの声優さんも「フフッヒ」をやってたりします。



日本独自の表現と考えると、そもそも「フフッヒ」は、いつからやってる技法なのか気になって来たわけです。
2000年代に萌えアニメが大量に作られたので、その中で確立したのかなぁなんて想像したので、
ハルヒを見返したら、まぁ当然のごとくやってますよね。90年代に遡って「CCさくら」をみたら、
やっぱりやってるわけです。80年代前半の「ど根性ガエル」くらいまで遡ったら無いだろうと思ったら、
京子ちゃんがさり気なく、フフッヒをやってるんです。

おかしいなー、おかしいなー、やだなー、こわいなあーって思って、少女向けアニメの祖「魔法使いサリー」(1966年)の1話をみたんですよ。そしたら、サリーちゃんも「フフッヒ」やってるじゃないですか。白黒時代から「フフッヒ」だと!



どうも「フフッヒ」はTVアニメ黎明期から行われてる伝統的な技法だったようです。
ただサリーちゃんの「フフッヒ」は、1話から何度も出てきて、すでに技法として確立されてる感じが強かった。
更に古い「フフッヒ」を探すために、戦前の「桃太郎海の神兵」とか戦後の短編「トラちゃんと花嫁」や
日本初のカラー長編「白蛇伝」とか見直したんですけど、この辺は、アニメアニメした演技じゃないので
「フフッヒ」はやらないんですね。

だったらと思って日本初の毎週放送された30分TVアニメ「鉄腕アトム」を確認すると、ウランちゃんが
初登場する37話「ウランちゃん」(1963年放送)で最後にアトムとウランちゃんが笑って終わるのですが、
その時のウランちゃんの笑い方が「フフッヒ」っぽいんです。
Screenshot.png

これで最低でも1963年放送分のアニメでは行われていた古典的な萌え手法であったことがわかりました。
ただ、ここまでくると『もぐらの アバンチュール』とか『漫画ニュース』とか普通に見れないアニメまで
確認しないといけなくなるので、だれか研究して、最古の作品を教えてください。
あとウランちゃん役の水垣洋子さんはご存命だし、いまも81に所属中なので誰か「フフッヒ」について取材してほしい(他力本願)。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2017.12.27

話数単位で選ぶ、2017年TVアニメ10選

2017年も恒例のこの企画、『話数単位で選ぶ10選』を書いてみました。
今年もぬるいぞ、ぬるヲタ。

ルール
・2017年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。






●1月22日放送
魔法使いプリキュア 第49話「さよなら・・・魔法つかい!奇跡の魔法よもう一度!」
脚本:村山功 絵コンテ:三塚雅人、大塚隆史 演出:三塚雅人 作画監督:宮本絵美子
g
プリキュア史上初の後日談エピソードが、この回のBパートから始まるという反則技。大学生になった主人公のエピソードなんていう面白イベントは本来、プリキュアに心を奪われすぎて発狂しちゃったファンが同人誌で描くものじゃないですか。それを公式で、しかも大塚隆史回でやるなんてズルすぎる。発狂しちゃってるよアンタたち。


●2月7日放送
ろんぐらいだぁす 第12話 「ろんぐらいだぁす!」
脚本:高橋ナツコ 絵コンテ:吉原達矢、内藤明吾 演出:吉原達矢 総作画監督:普津澤時ヱ門 作画監督:伊藤岳史、澤木巳登理

昨年の秋アニメなのですが、2月に最後の2話が放送されるという大イベントが発生したため、今年の10選にまさかのエントリー。アニメの「ろんぐらいだぁす」は、自分の中でNHKのバラエティ番組「チャリダー」と同じ位置付けで、アニメというよりは自転車の啓蒙番組なので、勉強になるなぁという気持ちで、毎週、楽しく見てました。特にこの最終回は、尾道を自転車で走りたかった私にとっては、もう最高ですよ。島をつなぐ橋の登り具合とか感じられて、途中のおススメ観光スポットまで紹介されてるというありがたさ!見てるとホントに自転車で走りたくなります。公式サイトでは、本編で通ったコースの紹介をしてるのも嬉しいところ。(実は。原作の方もルートラボにコースが紹介されてたりするんですよね。参考になります。)
来年こそは、しまなみ海道を走りたい。亜美ちゃんと走りたい。


●2月28日放送
鬼平 八話 「大川の隠居」
脚本 : 加藤綾子 絵コンテ : 長岡康史 演出 : 西田健一 作画監督 : 内田裕、竹内杏子

大胆にも火付盗賊改役の鬼平宅に忍び込んだ隠居盗賊と、それを手玉に取る粋な鬼平に惚れる。この話、原作の名作回とあって、まず元が超絶面白いわけです。それを原作準拠で見事に30分枠に収めきり、最後のオチまでワクワクがとまらない出来になっていたのが素晴らしい。特にアニメ版は若い頃の鬼平という設定なので、この話では特にヤンチャでカッコいい鬼平像がハマっていて良かったのかもしれない。
鬼平はどれも面白いので是非見てほしい作品です。


●7月12日放送
SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語 第1話「記憶の断片I「平穏なる村、フェブル」」
脚本・シナリオ : 野島一成 プロデューサー : 島津真太郎 キャラクターデザイン : 橘里枝
A.jpg
こんな大胆な企画がテレビで通る時代が来ると誰が想像しただろうか。ビジュアルノベルをアニメ化したのではなく、ビジュアルノベルをそのままテレビで流すというクレイジーな発想は驚きでしかなく、なおかつこれが区分上、アニメになってしまうという前例ができてしまったことは大きい(※制作陣としてはこれをアニメというジャンルと考えてないらしい)。テレビアニメーションの歴史上、こんなにも挑戦的なシリーズ作品はなかっただろうと想像すると、記念すべき第1話は10選に入れざるおえない。(と偉そうに失礼なことを書いてみる)


●8月20日放送
プリンセス・プリンシパル #7「case16 Loudly Laundry」
脚本:大河内一楼 絵コンテ:橘正紀 演出:大森祐紀 作画監督:高橋あやこ、金丸綾子、鶴窪久子(総)
T.jpg
成り行きで洗濯工場の工女達を救うことになる回。こういう弱きものを救って回る時代劇的な展開の話が好きなんですよ。


●8月24日放送
アイカツスターズ!70 話「ジャングルカツドウ!」
脚本:森江美咲 絵コンテ:木村隆一 演出:木村隆一 作画監督:宮谷里沙、吉田和香子

アイカツ5周年を記念した初代「アイカツ!」キャラとのコラボ回。ある日、無人島に漂着した"ゆめ"たちは、「無人島脱出ゲーム」で対決しているソレイユとトライスターのメンバーに出会うというという、とんでもストーリー。斧あり、崖登りあり、かえで寿司ありの全部盛りは穏やかじゃない。やっぱり初代アイカツメンバーは最高に狂ってるぜ。
最後に陸へ戻ってきた"ゆめ"が発した「皆さんアイドルだったんですか?」というセリフは、初めて鉄腕DASHを見た外国人が発しそうなコメントで笑いました。


●11月22日放送
紙兎ロペ 1252話「ブックビブリオバトル」
IMG-8761.jpg
本当に好きな作品を伝えるときに「好き」しか言葉がでてこないという、論理的に解説することができないモドかしさを端的に表したエピソード。「話数単位で選ぶTVアニメ10選」の参加者には非常に耳が痛い話です。


●11月26日放送
サザエさん 作品No.7702「ぼくの涙は甘くない」
脚本:雪室俊一 演出:成川武千嘉 作画監督:清川康太
FullSizeRender (1)
お涙頂戴物のドラマなんかで泣くなんてバカらしいという雪室式中二病を患うカツオの話。しかし、最終的にカツオも普通の人々と同じで、そのドラマを見て泣いてしまい自分が凡人であることに気がついてしまうという悲しい?お話。
私は、この話を見終わったあとに、よくよく考えてみたら、本当の天才的感性を持っていたのは、ホリカワだけだったことに気がつく。ホリカワは、みんなが号泣したドラマを、つまらなくて寝てしまい、唯一、感動したところはC51が頑張って走っている姿だけだったと証言している。こいつ、別次元の感性をもってる天才だ。
それを踏まえて、この回のドラマ部分を思い出してほしい。実は、サザエさん視聴者の我々が、ドラマの中身を見れたのは、あのホリカワが感動したC51が走っているシーンだけなのだ。つまりサザエさんの視聴者はホリカワと同じ視点でドラマを見ていた筈なのだ。ところがどうだろう、この回を見た視聴者の中にC51の姿に感動したという人は皆無だったのではないだろうか。つまり、僕ら視聴者は、サザエさんスタッフにホリカワという天才の視点について行けてるかを試されていたのだ。しかし結果は全くついていけなかった。サザエさんスタッフを失望させてしまったのだろう。申し訳ない。無念な思いを込めて今回、10選に入れました。雪室先生、僕らにリベンジのチャンスをくれるような脚本を書いてください。


●12月5日放送
ネト充のススメ 第9話 「その気持ちマーブル」
脚本:ふでやすかずゆき 絵コンテ・演出:松浦直紀 作画監督:田津奈々子、武田芽衣
as_20171223171828166.jpg
年下のイケメンに頭をなでなでされて、シャワーを浴びるという超展開になった所で、次週につづくという寸止めですよ。もう、もう、もう。最高でしょう。三十路、地味、能登ボイス。そんな組み合わせがこんなに素敵なヒロインを生み出すとは!能登かわいいよ能登。そういえば、能登さんは数年前にセラピーなコラムを連載してたじゃないですか。ちょっとシンクロを感じてしまいました。このコラムをモリモリちゃんにも読んでもらってゆっくり休んでほしい。


●12月12日放送
血界戦線 & BEYOND 第10話 「BRATATAT MOM」
脚本:加茂靖子 絵コンテ・演出:佐々木美和 総作画監督:川元利浩 作画監督:長谷部敦志、横屋健太
藤田しげる、林祐己、佐々木美和
z
仕事と家族の両立について考えさせられる良回。真面目な部分が暗くならない程度にコメディー色豊かに描かれてるので、見ていて辛くならないのが良いですね。特にED後のオチとか絶妙にラストの雰囲気をカバーしてますよね。あと本編中で描かれることのなかった「帰ったら今夜はヒーローインタビューだからね」のヒーローインタビューが、どんなだったか妄想してニヤけてしまいます。


以上。

ところで今年はアニメ生誕100周年ということで、いろいろなイベントが開催されたのですが、夏に京都で行われた「なまくら刀」上映イベントはすごく良かったのです。ちょうど100年前と同じ日(正確には100年と1日)に、手回しの映写機を使い生の演奏と活弁士しんの語りによる上映はなかなか豪華さで感動でした。

制作した方はまさか100年後に京都の真ん中で、こんな上映会が開かれるとは思ってなかったでしょうね。ってな感じでで来年も良いイベントに巡り会えたらうれしいなってことで、皆さま良いお年を。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2017.10.28

京都アニメーションの駅看板広告がリニューアル

京都アニメーションが開催するイベントが2年ぶりに開催されましたが、それに合わせて、京都アニメーションが京阪木幡駅、六地蔵駅に掲出している看板がリニューアルされたという情報を得たので見てきました。ユーフォ仕様になってます。


京阪木幡駅


六地蔵駅
以上です。京アニショップへ行かれる際に、一緒に見てきたら更に楽しめると思います。オススメ。




(関連)
イベント仕様になった新しい京都アニメの駅看板
響け!ユーフォニアム」仕様になった京アニショップの新しい駅看板を見に行った
京アニ四姉妹の新しい駅看板を見てきた
『日常』の放送開始頃に流れていたローカル臭あふれる京アニの自社CMを考える
「東映アニメ」「京アニ」などの自社広告の駅看板なんかを見てみようじゃないか

このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2017.08.28

ジブリの動画家 近藤勝也展へ行ってきた

前回の記事で紹介した「ジブリの動画家 近藤勝也展」へ行ってきました。

近藤さんの展示は5年前にも新居浜で行われたのですが、今回もその時と同じく「18切符+ムーンライトながら」を使用する17時間かけて新居浜までいくプランです。
36636672356_9cecff202f_z.jpg

新居浜に到着して驚いたのは展示会場です。5年前は駅から2kmほど離れた場所で開催されていたのですが、なんと今回は駅前に立派な施設ができてるではありませんか!




新しい会場は展示スペースも広くなってて、前回よりも展示が増えてました。











と、こんな感じでとても良い展示だったので、新居浜まで行ける人は見に行くのが吉。
パンフもなかなか良いです。ただし、近藤さんの子供の頃の作品やテレコム試験関連のものは掲載されてませんので、現地で目に焼き付けましょう。


おまけ











このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

2017.07.26

この夏はジブリの東西ダブル近藤展を制覇しろ

アー今年も夏が来たー
来たね来たよ来たゼ来たわ来たの

夏といえば毎年、アニメの展示が目白押し。そんな中で気になっているのが、東西で元ジブリのアニメーターさんの展示が開かれていること。しかも、両方とも近藤さんの展示なんですよ。


西で開かれているのは、愛媛県新居浜市の「ジブリの動画家 近藤勝也展



「魔女の宅急便」や「コクリコ坂から」のキャラクターデザインでお馴染みの近藤勝也さんの出身地で開かれている展示。2012年にも同様の展示が開かれたのですが、今回はさらにパワーアップして500点を超える展示になってるとか。

2012年の展示を見に行った時には近藤勝也さんが参加した作品の展示だけでなく中学生の頃に描いた落書き帳まで展示されてて、非常に楽しめました。また、この展示は全国巡回がないので、行ける時に行くのが吉!


西が近藤勝也さんなら、東は近藤喜文さんです。
福島ガイナックスに併設された福島さくら遊学舎で「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」が開催されてます。


この展示は2014年に開催された新潟展を皮切りに各地に巡回しており、今は福島で行われてます。「耳をすませば」だけでなく「赤毛のアン」の原画などが見られるのはもちろん、「リトルニモ」のパイロット版も見られるなど、かなり貴重な展示です。

また今回、行われてる福島さくら遊学舎は、ガイナックスがアニメができるまでの工程を展示してる常設展があったりと色々楽しいので2度美味しい。近藤喜文展へ行ったことがある人ももう一度、訪れてみてほしいです。


というわけで、東西でジブリの近藤さんの展示が行われてるので、ちょっと足を伸ばして見に行くのはいかがでしょうか。私は、できれば両方とも訪れたいと計画を練ってますよ。



このエントリーをはてなブックマークに追加   

記事URL | アニメ | トラックバック(-) | コメント(-) |

| ホーム | 次ページ